小学生

【小学生の登校】待ち合わせに来ない場合はどうする?対処法とトラブルにならない為に決めておくこと

小学生になると送り迎えがなくなり、子供だけで登下校するようになります。

1人で登校したり、親が付き添いしたり、友達同士で登校したり色々あると思いますが、うちは友達同士で登校しています。

しかし友達同士で登校するとなると、集合時間や集合場所などを決め一緒に行くのですが集合時間になっても連絡なしに集合場所へ来なかったりすることもあります。

というのも、先日まさに私たち親子が「集合場所へ来なかった」ことを経験しました。

そんな時、どうしたらいいのか?子供にはどうやって教えればいいのか?

友達が集合場所に来なかった時の対処法について、この記事では考えていきます。

友達が待ち合わせ場所に来ない時の対処法

友達が集合場所に来ない場合は大体

  1. 寝坊して集合時間に遅れる
  2. 友達が先に登校している

この2つが考えられます。①の場合は、待てばくるのですが②の場合は待っても待ってもくるわけがありません。

大人だったら相手に連絡することで、解決するのですが子供だけだと相手に連絡を取ることができません。

更に子供の中では、このような2つの不安があります。

  1. 自分が先に登校しても学校に友達が来ていなかったらどうしよう
  2. 相手が先に登校していたら何故私は置いて行かれたのか

これらの不安も解決しつつ、集合時間になっても集合場所へ来なかった時に、どうするのかを考えます。

①友達の自宅に行ってみる

集合場所から友達の家が近い場合は、友達の自宅まで行ってみましょう。

自宅へ行けば友達が先に出たのか、それとも寝坊や単に遅れているのかが分かります。

私が小学生の時は、毎回寝坊する友達の家まで早く行き、友達の家に押しかけていました。

私たちの場合は、友達の自宅へ行って誰もいなかったため③の親へ連絡し先に登校しました。

②5分を過ぎたら登校する

友達の家が近くない、もしくは分からない場合は集合場所に時計があれば、待ち合わせ時間から5分を過ぎたら待たずに登校するようにしましょう。

5分待つのか10分待つのかは人によりますが・・・

しかしこの場合娘は「先に学校に行って友達が来ていなかったらどうしよう」と言っていました。

大体10分待っても来ない場合は、先に学校へ行っているパターンが多いので、先に行っても問題ないことを教えましょう。

もし、学校に相手が来なかった場合は、集合場所に来るまでに何かあった可能性もある為「お友達が学校始まっても来てなかったら先生に伝える」ということを教えておきましょう。

相手が先に登校していた場合でも「相手が早く着きすぎて待ちきれなかったから先にいっているかもしれない」ということを子供に伝えておけば、子供は「置いて行かれたわけではない」と思い安心します。

近くに時計がない場合などは時間が分からないので、時計を持たせるのがおすすめです。

③相手の親へ連絡をする

どうしても相手の子が学校へ行ったのか心配な場合は、一度子供に自宅へ帰るように伝え相手の親へ連絡をするようにしておきましょう。

私の場合、集合場所までは私が付き添ってみんなが集合するまで子供と待っています。その為、いつもより遅いなどの時間は分かるため、5分を過ぎたら親に連絡するようにしています。

待ち合わせに来ない事が頻繁に起こる場合の対処法

集合時間になっても来ないことが何度も続いた場合は「その友達と一緒に登校するのを辞める」もしくは「一人で登校させる」が一番の解決方法です。

子供なら時間の感覚もなおさら分からないので、1分待っても10分待った時と同じような感覚になることも少なくはありません。

親からしてみれば、一人で登校するのは心配だと思うかもしれませんが、雨の日や雪の日に相手を待つしんどさは、子供だって同じです。

今まで一緒に登校していた相手には子供同士だけでなく親からも「これからは一人で行く」や「別の友達と行くことになった」などを伝えるようにしておきましょう。

 

子供自身が待ってでもその子と一緒に行きたいと言うなら、子供の友達なので親がそれ以上口を挟む必要はないと私は思います。

ただ少し出る時間をずらしたり、親同士で「集合場所に来なかった場合のルール」を決めておくのがいいかもしれませんね。

トラブル防止の為に登校ルールを決めておこう

入学当初から子供同士で登校する場合、大体が親同士で「一緒に登校しよう」と決めることになると思います。

その時に待ち合わせ場所や時間は決めると思いますが、最初から待ち合わせ時間に来なかった時の事もきっちり決めておきましょう。

人は予想外の事が起きると冷静に対処できることは少なく、子供となるとどうしていいか分からないのは当たり前です。

私は「集合時間までに来なかった時はどうするか」まで決めていなかったので、親子で焦り会社に遅刻するハメとなりましたw

私の場合、集合場所までは付き添いをするため「5分経過して来なければ親へ連絡をし、状況に応じて先に登校する」ように親同士で決めてトラブル防止をしています。

意外と待ち合わせに来なかった時の事まで決めることは少ないのですが、子供が迷わないためにも大人同士で決めておくことが大切です。

親同士で子供が登校したことをLINEやメールで伝える

遅刻や休みの際は連絡すると思いますが、最初のうちは「集合場所に来ない」ことを防ぐため、毎朝家を出たことを報告しあうのがおすすめです。

親同士で連絡先を交換しLINEグループなどを作り、毎朝LINEするようにしておけば、集合場所に来ないことを少なからず防げます。

先に登校させ親が後から来た子に伝える

仕事をしているお母さんも多いので中々難しいとは思いますが集合場所まで親が付き添っている場合は、先に子供たちを登校させ後から集合場所へ来た子に「先に行ったよ」ということを伝えればすれ違いがなく登校することができます。

待ち合わせに来ない場合の対処法のまとめ

小学生の登校時に待ち合わせ場所に来ない場合の対処法は「5分過ぎたら登校する」が一番

小学校3~4年生くらいになると、子供たちも自分たちで取り決めするようになることが多いのですが、入学してから2年生くらいまでは、やはり親の手助けが必要です。

トラブルにならないためにも

  1. 登校が始まる前に親同士でルールを決めておく
  2. 子供同士で登校する場合でも、子供からきちんと相手に5分過ぎたら登校することを伝えておく
  3. 時計を子供に持たせて時間を分かるようにさせる

ことが大切です。